眼精疲労に気をつけよう|酷使しすぎないことがポイント

レディー

個人差のある更年期

笑顔の女性

更年期障害の症状を抑えるのには薬物療法が用いられることもあります。人によって現れる症状も違えば度合いも異なります。専門医の指示に従って治療を進めることで更年期障害の辛い症状を和らげることができるのです。

もっと読む

身体に対する栄養の働き

サプリ

栄養は身体にとって必要なものです。糖尿病患者や予備軍は今後も増える可能性が高く、効率的な治療法やサプリメントが研究されています。マグネシウムやビタミンBが含まれたサプリメントは、体内の衰えた機能を高め、インスリンの分泌を促す効果があります。効果的なサプリメントで改善や予防を行ってください。

もっと読む

健康促進に効果的な成分

婦人

DHAは血管を丈夫にして血液をサラサラにすることで、様々な病気の予防に役立つ成分の一つになります。似たような作用を持つEPAと一緒に摂取することで、相乗効果が得られより効果を最大限に引き出すことが出来るようになります。

もっと読む

輝きを取り戻しましょう

眼精疲労

目はとても大切な部分です

人は視覚器官から、全体の80%以上の情報を得ているといわれています。あまり普段から意識することはありませんが、それだけ目はとても大切な部分です。ところがパソコンなどのOA機器の普及やゲームの影響などにより、人々は目が非常に疲れやすい環境におかれています。最近は若い女性の間に眼精疲労を訴える人が増えています。コンニャクや林檎など1つの食品だけを食べるダイエットや、痩せるために食事の量を極端に減らしている人が少なくありません。その結果、ビタミンやミネラルが不足したり、貧血になって眼精疲労を引き起こす場合があります。眼精疲労は表情も沈みがちになりますが、必要な栄養素をしっかりと摂り目の疲れを取ることで再び輝きを取り戻しましょう。

手軽に栄養素が摂取で きる

偏った食生活はビタミン類が不足しがちになります。ビタミン類は身体の細胞を作るために必要なたんぱく質や脂質、糖質、カルシウムなどの栄養素の働きを助ける物質で、不足すれば眼精疲労以外にも、身体の機能に様々な不調が生じます。目にとって特に重要なのはビタミンB群です。ビタミンB群の中でも、ビタミンB1は、脳や神経系統を正常に保って疲労を回復する働きをします。ビタミンB6は水晶体や目の毛様体の筋肉を作るのに必要な栄養素で、免疫機能を正常に保ち神経伝達物質の合成にもかかわっています。また緑黄色野菜やうなぎに多く含まれる、ビタミンAも大切です。普段の食事で十分にビタミンを摂れないという人は、サプリメントを利用することで、手軽に必要な栄養素が摂取できるので人気が高いです。

Copyright © 2016 眼精疲労に気をつけよう|酷使しすぎないことがポイント All Rights Reserved.